AGAに効果がある治療は存在するのかを知ろう【知って治す脱毛症】

乱れているからこそ

男性

人間の頭皮にはヘアサイクルという物が存在しています。それが存在しているからこそ、日々生きていると同時に髪の毛も生きているのです。ヘアサイクルに異常がきたしてしまうと、真っ向に頭髪はその影響を受ける事になります。ヘアサイクルの乱れによって発症してしまうのがAGAになりますが、何故ヘアサイクルは異常になってしまうのかを知りましょう。それを知っていけばだんだんとAGAを理解していく事は可能となります。ヘアサイクルの乱れの要因となっているのが男性ホルモンであり、本来男性に必要不可欠である男性ホルモンが頭皮に悪影響を及ぼしているのです。しかしただ男性ホルモンが影響を与えているのではありません。本来の男性ホルモンである「テストステロン」が、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変わってしまう為に、AGAが男性に発症してしまいます。何故変化してしまうのかまで追求すると、とても専門的な事へ話が進んでしまいますので、ここでは男性ホルモン元々が原因ではなく変化してしまった男性ホルモンが原因であると、覚えておけば問題ありません。このホルモン異常が遺伝であったりストレスであったり、あらゆる要因で発生してしまうとAGAを発症させてしまうのです。

AGA特有の脱毛症状が発生しており、その上髪の毛一本一本のコシが弱く細いという事であれば、間違いなくAGAを発症させていると言ってもいいでしょう。特に頭髪が異様に細くなっているというのは、ヘアサイクルが乱れてしまっている証拠です。何故なら通常あるはずの頭髪の成長期間が極端に短くなっているか、もしくは成長期間が全くなくなってしまっているからです。ヘアサイクルが乱れていると言われても、何が乱れているのかを説明すると「成長期」と「休止期」そして「後退期」を経てからの「脱毛」という、四つの要素からヘアサイクルは構成されています。四つの要素の中でも年数が長く重要である「成長期」が、AGAの場合極端に短くなってしまうのです。成長しないとなるとせっかく頭髪が生えてきたのにも関わらず、成長せずに休止期に突入し、その結果早急に頭髪は頭皮から抜けてしまいます。髪の毛にコシがなく細いというのは、ヘアサイクルが乱れている証拠であり、AGAを発症させている可能性が大となります。